診療小話546改無断録音の条件関西医科大学訴訟揉み消し小寺一矢悪質弁護士

そりゃあ、何も言わずに録音機など出されたらいい気しないですよ。

自分もそれをやられて非常にイライラした記憶があります。

問題発生時には文章や会話のつぎはぎでもやってくれるのか?とさえ思いました。

もしも、無断録音をするのであれば、既に何度も問題行動や問題発言の繰り返された相手だけだと思います。

そうしないと、あらぬ誤解や怒りが発生します。

お互いに悩みを抱えているわけなので、病院サイドにも相談してみましょう。

医者ができるまでの、長い時間と経験を考えれば、疾患の数が限られるとはいえ、一般人が理解するには凄く時間がかかるでしょうから。