7月21日

米軍が日本占領下のグアム島に上陸。8月11日に小畑英良司令官が自決し日本守備隊の組織的抵抗が終了:昭和19年のこの日。昭和19年のグアムの戦い(Battle of Guam)は、太平洋戦争(大東亜戦争)におけるマリアナパラオ戦役の戦いの一つ。サイパンの戦いに次ぐ死傷者を出した。7月21日7時に、激しい艦砲射撃と空爆に支援された上陸部隊が海岸に向け殺到した。第3海兵師団が上陸を目指したアデラップ岬とアサン岬に挟まれた全長2kmほどのアサン海岸には、独立混成第48旅団の第一大隊が守備を担当しており、上陸部隊が海岸に接近すると山砲と速射砲で砲撃を加えた、またフォンテヒル(日本軍呼称 本田台)に配備されていた第10連隊砲兵大隊も砲撃を開始し、LVT数十両を撃破したが、艦砲射撃と空爆による激しい集中砲火を浴び、次第に砲兵陣地は沈黙していった。その後に上陸してきたアメリカ軍に対し、第48旅団の第一大隊は中村大隊長自ら手榴弾を手にして白兵戦を展開するも、圧倒的な火力のアメリカ軍相手に死傷者が続出した。また、中村大隊に配属されていた旅団の工兵隊も、\xC2

眥垢了安霏膂喙ǂ蘿胠瑤鯤絜い得鐚屬紡療槪燭蟾況發鬚ǂ院~嫉隆韻論鐚屬房茲衂佞い董▲魯奪舛ǂ藜袍愧討鯏蠅温類發Δ箸垢襪覆鼻⊄皸灞完漚ⅲ磴靴て禱胴況發鮃圓な源者未蠢缶任靴討い襦↗▲❺奪範僂砲和\xE81臨時海兵旅団の2個海兵連隊と砲兵隊が接近してきた。この地を守るのは第38連隊第1大隊の約1,000名であったが、アサン湾での上陸作戦同様に、上陸支援の激しい艦砲射撃と空爆が加えられた。それでも第一大隊は海岸を目指してきた300隻の上陸用舟艇に山砲・速射砲で砲撃を集中し十数隻の上陸用舟艇を撃破した、沖合3,000mの至近距離に配置されていた戦艦2隻、巡洋艦3隻を主軸とする支援部隊が、砲撃した日本軍の砲兵陣地の場所を割り出し、正確な艦砲射撃を加えてきた。戦艦の巨弾に対し歩兵・野砲は無力であり、大隊の砲兵はたちまちの内に沈黙した。その後にアメリカ軍は戦車の支援の下で上陸し、大原大隊長率いる第一中隊に攻撃をしかけてきたが、大原大隊長軍刀を片手に陣頭指揮するも戦死した。その後大隊は壊滅状態に陥り、北方を守る第2大隊に残存兵力が合流した。(出典:今日は何の日、Wikip

edia)画像は、アメリカ軍の上陸地点とその後の最前線の推移。

広告を非表示にする